dvd_media

サイト運営

自分の知識・活動を一つのサイトに蓄積することで、自分のメディアを作る

 今まで自分は、ジャンルの異なる複数のブログやサイトを運営してきましたが、最近感じるようになったのは、自分の活動内容や考え方、行ったことを一つのブログで紹介したほうがいいのではないかという事です。

もちろん、そう考えるにはいくつか理由があるのですが、大まかに分けると

  • 以前と比較してGoogle等のサーチエンジンがかなり賢くなってきた
  • 多くのブログを個別に書いていると、記事の更新期間が長くなる
  • 個々のブログで管理人の断片紹介したのでは全体像がわからない
  • 個々のブログで設定を同じようにするためのプラグンやCGIがダブるとサーバー容量を圧迫する

という感じです。

以前に比較してGoogle等のサーチエンジンがかなり賢くなってきた

 この理由が一番大きく、根底にあるのですが、特にGoogleが色々なアップデートをしたことで、いい加減なサイトに騙されないようになってきており、小手先のSEOは意味がなくなりつつあるようです。

かなり前からポータルサイトは色々なコンテンツを載せていても上位表示されていましたので、実際にはあまり関係がなかったのかもしれませんが、SEOの為にサテライトサイトを作ったり、サイトをコンテンツ毎に分けて複数作ったりした方がサーチエンジンの検索順位が上がるなどと言われ、実際に首をかしげるようなサイトが上位に来たりしていました。

自分は別のサイトがしっかり上位表示されて20年近い実績を残していましたので、上記のような方法に首をかしげていたのですが、実際に同じ業界の大会社等はページランクが高くなったりしていますので、サーチエンジンのアルゴリズムについては専門家の分析を眺めるようにはしていました。

サテライトサイトを物量作戦でつくり検索結果が上位に来るのであれば、自分のような零細企業や個人が大企業と戦っても勝てるわけがありませんので、サーチエンジンが内容を理解してキチンとした評価をしてくれるのは(当たり前なのですが)非常にありがたいと思います。つまり、今後はサイトの内容、コンテンツが重要になるという事です。

多くのブログを個別に書いていると、記事の更新期間が長くなる

 ブログの記事を書くには多くの時間と労力、そして知識が必要となります。
実際に一つの記事を書くために、写真を用意したり、文章を考えて推敲したりすると、1日に1記事書けない事も多く、しばらく文章を寝かしたりもします。

また、その時のモチベーションがどちらの方向に向いているか=興味がある分野の記事を書くという意味で、更新の速度も変わってきますので、下手をすると1ヶ月以上放置したりすることもあるわけです。

サーチエンジンの検索結果が、記事の更新速度と量に左右されるという事になると、物量作戦をとれる大企業に軍配が上がるのは目に見えています。

この点でも、運営するサイト・ブログを一本化することにより、我々個人も少しは記事の更新速度を上げることで対応するべきでしょう。
前述のように、サーチエンジンが賢くなり、個々の記事をジャンル毎のブログとして認識するのではなく、個々の記事を、個々の記事として認識してくれるのであれば、何もブログを分ける必要はないと思います。

個々のブログで管理人の断片紹介したのでは全体像がわからない

 まあ、これは読者にとってあまり意味があるとは思いません。
ブログを書いている人間がどのような人物なのか、興味や知識の対象がわかった方が共感をしていただけるのではないか。という程度の事です。

しかしながら、撮影を依頼してくださる方にとっては、意外と重要だと思いますので、(変な人間に撮影してほしくないでしょうし)記載させていただくという事です。

個々のブログで設定を同じようにするためのプラグンやCGIがダブるとサーバー容量を圧迫する

 無料ブログを使っていたり、一つのサーバーで1つのブログしか運営していない方にはピンと来ないかもしれませんが、WordPressを使えるサーバーの中には、ドメインを複数保持することで、いくつかのサイトを運営できるサーバーがあります。

 一つのサーバーの中にWordPressを複数(例えば5~7)インストールすると、一つのサイトに対してWordPressのプログラム本体とテンプレート、そしてそれぞれに必要なプラグインが必要になります。
通常、サーバーの契約では使用できるサーバー容量の上限が決まっていますので、プログラムやテンプレートのダブりがあると、その分使えるデータ容量が減ってしまいます。

それであれば、検索エンジンが賢くなってくれたこともありますので、コンテンツ毎にサイトを分けるのではなく、一つのサイトで色々な記事を記載したほうが、使用できるサーバー容量を増やす(無駄に使用しない)事が出来ます。

今後の方向性

 とはいえ、既存のサイトにいきなり異なるコンテンツを記載しても読者に受入れられるとも思いませんので、関連のある記事、例えば本サイトでいえば写真やカメラに絡むコンテンツを少しづつ増やしていくことでサイト全体のボリュームを増やしていくことが望ましいです。

ドメインパワーを養う

 サイトを長期間運営し、掲載されているコンテンツが増えていくとサーチエンジンにインデックスされたり、ナチュラルリンクが貼られることでドメイン(本サイトならmyphotostyle.org)に対して評価が上がってきます。

ドメインに対する評価が高くなってくると、同じコンテンツ(記事)を作ったとしても、サーチエンジンで上位に表示されやすくなり、より多くの訪問者を得られるようになります。

個人のサイトでは力を分散させるよりは集結させた方がいい

 それなら、いくつものサイトに記事を分散するよりは、ドメインパワーがあるサイトを継続的に運営をして、コンテンツを増やしたほうがいいという事になります。

例えば、ある記事を1日100PVあるサイトに公開するのと、1日1000PVあるサイトに公開するのでは、見てもらえる可能性が10倍ほど違ってきます。

つまり、同じ記事を書いても、PVに圧倒的な差がありますし、ドメインパワーに助けられて記事の価値もより高くなります。1つ1つの記事の評価が高くなって来れば、当然ドメイン自体の評価も高まるでしょう。

どういう結果になるか今のところわかりませんが、今後は自分の知識と活動を自分のサイト・ブログに蓄積していくことで、個人でも情報を発信できるメディアを作っていく事が重要だと考えています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

 

■こちらの記事も合わせて読みたい

 

 

ピックアップ記事

  1. クリップオンストロボにつけられる7種類のヘッド
  2. Carl Zeiss Batis 25mm F2
  3. クリップオンストロボ用オクタボックスファイヤーフライ65
  4. マニュアルストロボの使い方が学べるサイト
  5. とにかく軽く持運びが楽なライトスタンド

関連記事

  1. wordpress-logo-stacked-rgb

    サイト運営

    wordpressに関する基礎知識

    サイト運営を行うために使うwordpressに関する基礎知識をご紹介し…

  2. Dragon Dictation

    サイト運営

    今更聞けない、Dragon Dictationに関する基礎知識

    言葉でデータ入力出来るDragon Dictationに関する基礎知識…

  3. SEOcheck

    サイト運営

    実験してわかった!ギャラリーページはSEO的にマイナス?!

    サーチエンジンのランキングが一気に落ちた?ギャラリーページがもたらすS…

一歩進んだポート―レートの撮り方

  1. 31nQrjsNifL
  2. IMG_14_3543
  3. 板垣風花さんガールズスナップ@原宿、使用機材:Canon EOS5DMarkⅢとCanon EF24-105mm F4L IS USM
  4. TAKEBE_fishon_TP_free
  5. さらに上を目指すためにポージングを学ぶ
  6. デジタルカメラ設定モード
  7. 平橋侑奈さんガールズスナップ
  8. uchinomeshitakare_TP_V
  9. 西川雅美私服ポートレート
  10. Reiイルミネーション

最近の投稿

  1. 林宥希さんポートレート@原宿、使用機材:SONYα7ⅡとLens:SONY FE 24-70mm F2.8 GM
  2. 松原千夏さん宣材撮影
  3. unikk(ユニック)
  4. 小原綾佳さんポートレート@原宿、使用機材:SONYα7ⅡとLens:SONY FE 24-70mm F2.8 GM
  5. 吉岡由梨子さん宣材撮影

Twitter

最新情報をご紹介しています。 モデル希望の方はお気軽にフォローしてください。


  1. img_2379

    ストロボを使った撮影

    マニュアルストロボの使い方が学べるサイト
  2. ファイヤーフライ

    ストロボを使った撮影

    クリップオンストロボ用オクタボックスファイヤーフライ65
  3. ライトスタンドLS-050(折りたたみタイプ)

    ストロボを使った撮影

    とにかく軽く持運びが楽なライトスタンド
  4. ClipON Clamp-Mount ボックス

    ストロボを使った撮影

    クリップオンストロボにつけられる7種類のヘッド
  5. Carl Zeiss Batis 25mm F2

    カメラ・レンズ関連

    Carl Zeiss Batis 25mm F2
PAGE TOP