IMG_06_7680

レンタルスタジオ

体験談! プラザ平成でコスプレ撮影

 先日、知合いのレイヤーさんが参加するという事で、初めてコスプレイベントに参加!
初めての場所の場合、光の状態がわからないので、カメラ機材というか照明機材をいつもより大目に用意して重い思いをしながら会場=プラザ平成に…。

 当日、レイヤーさんは先に入って着替えとメイクをしておくという事でしたので、一人で駅から会場へ向かうと、周りはレイヤーさん(らしき人)だらけ。一緒に歩いているだけで、迷うことなく会場まで行きつくことができました。

その後、イベント会場ではお約束の

  • 受付で入場料支払い(この時は2,000円)
  • カメラマン登録(宣誓書にサイン)身分証明書提示なし
  • を済ませた後、イベント会場への参加は初めてということもあり、レイヤーさんと合流するまでの間、「他のパーティーはどのような感じなのか」会場を様子見をすることに。
    以前レイヤーさんはカメラマンを見つけるのが難しく、前日になっても決まっていない場合もあると聞いていた割には、以外とカメラマンと同行しているレイヤーさんが多い感じがしました。
    (次々とレイヤーさんとカメラマンが合流するからわかるのさ。)

     

    会場の印象

     当日はかなり風の強い日で、撮影機材を屋外で展開させるのはスペース的には問題はないのですが、強風に煽られるために結構大変で、アンブレラもソフトボックスも数時間だけで切上げることに。
    周りのカメラマンは、クリップオンストロボをつけただけの機動性の高いライティングの人が多く、次回以降は「時間もかかるし大掛かりなライティングは必要ないかな」と感じました。

     

     撮影場所としては屋内に加えて、屋外の公園も使えるので作風が広がるので好印象。
    その分多くのパーティーが撮影しているので背景や画角には注意が必要です。
    これは個人的な嗜好の問題と思いますが、風景以外の余計な背景(撮影に関係のない人が歩いていたり、後ろでカメラ構えていたり、イメージに合わない建造物があったりという事)が嫌いで、他のレイヤーさんや出張で来ている松屋の車等が入るのは許せません(一番上の写真に入っているでしょ?)。
    なんか作品としての価値が低下する気がするんですよね~。(あくまで私個人の嗜好の問題ですけど。)
    カメラマンによっては(これは屋内でも同様だけど)背景を気にしない人もいるので、レイヤーさんとしてはキチンと打ち合わせた方がいいと思いました。

     

     また屋内外を行き来する際、レイヤー・カメラマン双方とも入館書を係員に提示する必要があり、カメラマンのみ外出許可証を受取り、再度入館する時に返却する事を繰り返します。
    カメラマンのみの参加者もいることから、管理をしっかりしているという事なのでしょうが、胸には撮影者登録証を着けているのだからイマイチ理由がわからないです。

    尚、カメラマンのみでの参加も可能で、レイヤーさんと同行せず、一人でフラついてるカメラマンを何回も見ました。逆にレイヤーさんのみで参加しているパーティーもおり、撮影依頼すれば撮らせてくれる方もいますが、中には断るケースもあるようです。実際に目の前で両方のパターンを見ることができて勉強になりました。
    今回はパートナーがいる関係上、私は会場で別のレイヤーさんに声かけはしませんでした。

     

    会場での注意事項と感じた事

     上記でも記載したことですが、入館時にもらう入館証(ペーパー)は入出時の度に係員に提示する必要があり、無くすと再度支払いをしなくてはならないので、保管が重要です。
    明らかに参加し慣れているカメラマンは、首から下げられるネームプレートにカメラマン登録証と、入館証の双方を入れて首から下げており、行動しやすくしていました。
    賢い!

     あと、女性レイヤーさんのメイクルームの状態はわかりませんが、男性レイヤー及びカメラマンのメイクルームはエリアの一部をパーテーションで囲っただけで、荷物置き場と兼用になっており、ロッカーなど鍵がかけられるものがありませんでした。
    一応、監視カメラ付きとのことでしたが、個人的には安全性に疑問が残りましたので、全ての機材をキャリーバックに入れて、撮影の場所が変わる度に持って歩いていました。
    この辺りは、改善してほしいと感じた点です。

    それ以外は一日撮影できるし、概ね納得という感じでした。
    次回行くときはネームプレートを忘れないようにしよう!

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    Twitter でフォローしよう!

     

    ■こちらの記事も合わせて読みたい

     

     

    ピックアップ記事

    1. クリップオンストロボ用オクタボックスファイヤーフライ65
    2. SONY α6000で他社製ストロボを使う
    3. とにかく軽く持運びが楽なライトスタンド
    4. マニュアルストロボの使い方が学べるサイト
    5. Carl Zeiss Batis 25mm F2

    関連記事

    1. no1061_0002

      色々な撮影テクニック

      薮田織也氏のポージング講座に頷く

      特に『誰でも美しく撮れる!薮田織也のモデルポージング&ライティング術講…

    2. 眼鏡女子

      色々な撮影テクニック

      眼鏡女子の眼鏡に光が入らないように撮影したい

      眼鏡をかけた女性を撮影してみると、撮影場所によっては光が眼鏡で反射して…

    3. レンタルスタジオ:Dungeion Studio

      レンタルスタジオ

      レンタルスタジオ:Dungeion Studio

      Fresh! Studioシリーズの中でも特殊なダンジョンスタジオ。 …

    4. DSC09167

      レンタルスタジオ

      コスプレスタジオ:Booty本館

      コスプレスタジオ:Booty本館の光量チェックをメインとした体験談。ス…

    5. kk162174323_tp_v

      ストロボを使った撮影

      ライティングの基礎が学べるビデオ その1

       このビデオはムービー用のライティングなので、スチールではそのまま…

    6. kk162174323_tp_v

      ストロボを使った撮影

      ライティングの基礎が学べるビデオ その3

       このビデオはムービー用のライティングなので、スチールではそのまま…

    一歩進んだポート―レートの撮り方

    1. Reiイルミネーション
    2. 西川雅美私服ポートレート
    3. デジタルカメラ設定モード
    4. さらに上を目指すためにポージングを学ぶ
    5. YAGI21511154415111544_TP_V
    6. uchinomeshitakare_TP_V
    7. IMG_14_3543
    8. -shared-img-thumb-tuyopon1512294410_TP_V
    9. TAKEBE_fishon_TP_free
    10. menu_portrait02

    最近の投稿

    1. 松原千夏さん宣材撮影
    2. unikk(ユニック)
    3. 小原綾佳さんポートレート@原宿、使用機材:SONYα7ⅡとLens:SONY FE 24-70mm F2.8 GM
    4. 吉岡由梨子さん宣材撮影
    5. Dragon Dictation

    Twitter

    最新情報をご紹介しています。 モデル希望の方はお気軽にフォローしてください。


    1. ClipON Clamp-Mount ボックス

      ストロボを使った撮影

      クリップオンストロボにつけられる7種類のヘッド
    2. Carl Zeiss Batis 25mm F2

      カメラ・レンズ関連

      Carl Zeiss Batis 25mm F2
    3. ファイヤーフライ

      ストロボを使った撮影

      クリップオンストロボ用オクタボックスファイヤーフライ65
    4. img_2379

      ストロボを使った撮影

      マニュアルストロボの使い方が学べるサイト
    5. ライトスタンドLS-050(折りたたみタイプ)

      ストロボを使った撮影

      とにかく軽く持運びが楽なライトスタンド
    PAGE TOP