Reiイルミネーション

色々な撮影テクニック

彼女(妻)をスタイルよく撮る3つのテクニック

 2月28日に送られてきたメルマガ、『フォトアドバイス通信』のタイトルが、
『 妻が写真を撮らせてくれません』。
タイトルを読んで、自分もそういうことがあったな~。と思う内容だったので、さっそく読んでみました。

質問内容は、

妻が太っている理由で写真に写りたがりません。
太っている人を綺麗に撮るコツなどはありますか?

カメラを始めたきっかけは?

 本サイトは写真関連のサイトではありますが、その中で特に女性ポートレートをメイン(というかほぼ全部)に取扱っています。
これは、自分が色々撮影した被写体の中で『女性ポートレートが好き』なのが理由ですが、そもそも一眼レフカメラを使い始めたいきさつに理由があります。

少し前の事ですが、旅行中にプールサイドでiPhoneを使い撮影した彼女の写真が妙に気に入りました。
当時は旅行に行ってもカメラなど持たず、『記憶に焼き付ければいいよ。』というスタンスだったので、iPhoneしか写すものがなかったのですが、彼女もその写真を『いいね』と言ってくれました。

そこで、『一眼レフで撮ったらどんなに素敵に撮れるだろう。』と考えたのがきっかけ。よくある動機付けですが、今思うと初心者の浅はかさですね~。

彼女(妻)がモデル嫌がる理由とは

 一眼レフを買ったはいいものの、思ったよりいい写真が撮れず、彼女にも『下手』を連呼されていた時期があり、その間(練習したいにも関わらず)モデルになってくれませんでした。
その当時撮影させてくれたモデルさんには今でも頭が下がります。

前述のカメラマンの場合も、『写真で見ると太って見える』から奥さんが『気に入らないor自信がない』という事でしょう。
モデルになってくれない理由は単純に彼女の望む写真を撮ることができないからです。

自分の彼女の場合、特別太っているわけではありません(年齢相応)。
撮ってはダメ出しされ、撮ってはデータを消されてということを繰り返し、少し前からは、ある程度彼女好みの写真を撮ることもできるようになり、旅行の際にカメラは必要な道具となりました。
今では写真をスライドショー用のソフトで加工して本人は喜んでいます。

太っている女性を綺麗に撮る3つのテクニック

 撮影者の技術的な問題もありますが、被写体の好みを把握するという事も重要です。
テクニックと観察眼で彼女(妻)を綺麗に撮れるようにるために実践してみましょう。

真正面から撮らない

 性別・年齢に関係なく、撮影慣れをしていない方が被写体になる場合、カメラに対して正面を向く傾向があります。

顔だけならいいのですが、体も全て正面を向くと、カメラに対してほぼ平行になりますが、正面を向いた立ち方は面積が一番大きい=一番体が太って見える姿勢になります。

そこで、身体をすこし(35度~45度位)ひねってもらい、顔だけ正面を向いてもらうようにしましょう。
それだけで数十%は細く見えるようになります。

太って見える部位をカットする

 衣装にもよりますが、薄着をする季節になると腕や脚を出した格好をすることが多くなります。
そんな時気になるのが、二の腕や胴回り、太もも。
撮影者側は気にしていなくても、女性は意外と気にしているものです。

そんな時は全てを写真に入れずに途中で切ってしまいましょう。
表情がしっかりしていれば、余計な部位が切れていても問題がないのが写真のいいところ。
むしろじっくり見ることのできる写真だからこそ、余計な部位は切っておく事が撮影者のやさしさです。

少し上から明るめに撮影する

 これは女性特有の撮り方ですが、少し上から明るめに撮影するようにしましょう。
上から撮影した方が可愛く写るのは、ポートレートでは常識になっていますし、女性はいくつになっても可愛く写りたいもの。
身長差がないカップルの場合、階段やベンチを使ったり、少ししゃがんでもらえれば上から撮ることができます。

また、少し明るめに露出補正をしてあげると、小じわやシミが飛んでくれて若く写ります。
性別・年齢に関係なく、やっぱり若く写っている方が嬉しいですよね。
露出補正の仕方がわからなければ、フラッシュを使えば明るく撮る事が出来ますので、試してみてください。

 後は撮った写真を二人でその場で確認して、彼女(妻)好みのバランスと許容範囲を探ります。
そのうち、彼女(妻)も自分がよく写る角度を理解できるようになると、写真を撮られるのを嫌がらなくなり、むしろ積極的に協力してくれるようになると思います。

これは、モデルさんを撮る時にも使えるテクニックですので、是非彼女(妻)に協力してもらえるようになりましょう。

肝心のメルマガでの回答はコチラ

※尚、写真と本文は一切関係ありません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotographer_Alphaをフォローしよう!

 

■こちらの記事も合わせて読みたい

 

 

ピックアップ記事

  1. SONY α6000で他社製ストロボを使う
  2. とにかく軽く持運びが楽なライトスタンド
  3. 透明感のある写真を撮るためにCarl Zeiss Batis 1.8/85を使う…
  4. クリップオンストロボにつけられる7種類のヘッド
  5. 作品撮りや宣材で欠かせない単焦点レンズ100mmマクロ

関連記事

  1. eyecatch01

    ポートレート

    ポートレートのピントはどこに合わせればいい?

    初心者必見!ポートレートのピント合わせの基本をご紹介しています。…

  2. 背景がボケている写真

    ポートレート

    背景がボケている写真はモデルさんにも人気がある!?

    背景がボケている写真はカメラマンだけではなく、モデルにも人気があるよう…

  3. prof02

    ストロボ撮影

    スタジオでプロフやオーディション写真を撮るための知識

    モデルや女優等芸能界で活動する(したい)女性から求められるプロフィール…

  4. menu_portrait02

    ポートレート

    カメラマンになったら美人にモテる!かも

    モテるカメラマンとモテないカメラマンの現実と、ポートレート写真を撮られ…

  5. Asami作品撮り

    色々な撮影テクニック

    フォトグラファーが嫌う被写体6パターン

    色々な被写体を撮っているフォトグラファーにも苦手or嫌いな被写体が存在…

  6. 31nQrjsNifL

    ストロボ関連

    撮った写真の色が変なら疑ってみようホワイトバランス設定

    写真を撮ったら色が変だった!そんな時はホワイトバランス設定を確認してみ…

一歩進んだポート―レートの撮り方

  1. 平橋侑奈さんガールズスナップ
  2. uchinomeshitakare_TP_V
  3. prof02
  4. デジタルカメラ設定モード
  5. -shared-img-thumb-tuyopon1512294410_TP_V

最近の投稿

  1. prof02
  2. 海老原りささんポートレート@原宿、使用機材:Canon EOS5DMarkⅢとCanon EF24-105mm F4L IS USM
  3. ファイヤーフライ
  4. eyecatch01
  5. occ2017ファイナリスト村田くれあ

撮影会を使った写真上達方法

  1. NO1086_0005
  2. photo_0024-e1400024018248
  3. 2718c04205975a75ef34ba5b60435cf2_s
  4. photo_session
  5. 門脇 栞さんガールズスナップ

Twitter

最新情報をご紹介しています。 モデル希望の方はお気軽にフォローしてください。


 

  1. ライトスタンドLS-050(折りたたみタイプ)

    ストロボ撮影

    とにかく軽く持運びが楽なライトスタンド
  2. Batis1.8/85

    レンズ

    透明感のある写真を撮るためにCarl Zeiss Batis 1.8/85を使う…
  3. Carl Zeiss Batis 25mm F2

    レンズ

    Carl Zeiss Batis 25mm F2
  4. ClipON Clamp-Mount ボックス

    ストロボ撮影

    クリップオンストロボにつけられる7種類のヘッド
  5. img_2379

    ストロボ撮影

    マニュアルストロボの使い方が学べるサイト
PAGE TOP