レビュー:Godox AD200ストロボ専用ケース

AD200用ケース
撮影機材

ポートレートを撮影するとき、屋内外でイメージ通りに撮影をするためにストロボ(フラッシュ)を使うことがあると思います。

最近のデジタルカメラはISO感度を高くすることができますので、あまり気にしていない方もいるかもしれませんが、ISO感度を高くすればするほどノイズが多くなり写真のクオリティが低下します。

そのため、プロの現場では(使用場所によって)大きなストロボを使うのが一般的です。

しかしながら、カメラマン一人で大型のストロボを持っていくことは容易ではありませんし、クリップオンストロボでは光量が足りないという場合、一般のクリップオンストロボより発光量が多いGodox AD200(以後、AD200)を持っていくことが多くなりました。


普通クリップオンストロボを購入すると、中国製の安いものでも専用カバーがついていますが、AD200は保護カバーがついてきません。
(厳密にいうと、すべての備品を入れることのできるかなり大きめのケースはついてきますが、それを毎回持っていくのは現実的ではないでしょう。)

そのため、AD200単体をできるだけクッションがついたカメラケースに入れて持っていくことが多いのですが、(ストロボ)単体で運ぶとカバンの中でこすれたり、ぶつかったりするので、結構傷がつきやすく、特に発光部分が壊れたりすると現場で困るので保護ケースは必要だと思います。

そこで、今回AD200専用のカバーケースを購入したので、使用感をご紹介します。

AD200専用ケースの使用感

AD200用ケース

今回購入したのは、FOMITO製収納ケース。
AD200本体を包み込む感じのケースで、AD200のオペレーション部は透明素材のため、設定の確認はすぐにできるようになっています。

AD200専用を謳っているいるだけあって寸法はしっかりと合っていましたが、ビニール素材なので、それほど高級感は感じられないのが第一印象。

特に透明部分のビニール部分については、Amazonのレビューでは穴の開いている場所が合っていない等記載がありましたが、自分のものは問題ありませんでした。

AD200を単体で使うときの疑問点

AD200用ケース
個人的に疑問なのは、

AD200のオペレーション部分が操作可能な透明ビニールになっているということは、AD200を使う間もケースを外さないことを前提としていると思うのだけれど

AD200用ケース

このケースを付けたままだと、発光部が完全にカバーされているので、AD200単体で使う場合はカバーをめくり、ケースの背面で固定しないとストロボの発光時に邪魔になる点。

スタンドにAD200本体を固定しないと、カバーからAD200が滑り落ちる危険もあるので注意が必要です。

AD200ケースの最適な使い方

AD200用ケース

オプションの拡張フラッシュヘッドEC200を使用した場合は、カバーは閉じたままでもコードが左右のスペースから出すことができるので、恐らくAD200単体での使用ではなくEC200使用が前提としている可能性があります。

AD200を手軽に持ち運ぶ時の保護という意味では、使用目的としては十分な機能を持っていると感じられました。

created by Rinker
FOMITO
¥1,900 (2020/04/03 00:49:58時点 Amazon調べ-詳細)
Godox AD200用拡張フラッシュヘッド EC200
created by Rinker
¥5,500 (2020/04/03 16:33:53時点 楽天市場調べ-詳細)

Yoshiyuki-K(Yogi)

広告代理店勤務で女性を美脚・脚長に撮る営業兼カメラマン。 主に女性モデルのプロフィール・宣材写真を撮影。 仕事で始めた写真撮影が今では趣味になり、休日でもポ...

プロフィール