立ち方を変えるだけで、写真のイメージが変わる

IMG_14_3543
モデルを目指そう

 写真を撮る時、立ち方や見せ方を変えるだけで、イメージが変わるのは既にご存知のことだと思います。

しかしながら、『これから被写体として活動していこう』と考えてはいても、ポージングは直ぐに身につくものでもありませんし、見せ方のポイントには知識と練習が必要なので、未だに何もしていないというモデルさんが結構多いと思います。

ここでは、チョットした立ち方や角度を工夫する事で、見え方が変わる例としてご紹介します。

協力していただいたのは、今年のミスコンに参加するためのプロフィール用写真が欲しいとのご要望を頂いた横山和花さん。スナップ撮影の最後にチョット時間を頂いて撮影しました。

プロフィール写真用のポージング

何も指示せず普通に立ってもらった場合

プロフィール写真用のポージング

ポイントを指示した後に立ってもらった場合

 ビフォー・アフターではありませんが、結構違ってみえませんか?
ポイントは、小顔、二の腕、ウエスト、脚です。
言葉で説明しても身につくものではありませんし、個々人によってポイントも変わってきますので、興味がある方は、是非一度スナップ撮影にご参加ください。
一緒に貴女のアピールポイントを探しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotographer_Alphaをフォローしよう!

■こちらの記事も合わせて読みたい