秋葉原の撮影会、Fresh!とFoto-Joを比べてみた

Fresh!撮影会
photographerの独り言

 秋葉原で毎日開催されているモデル撮影会の両巨頭、Fresh!とFoto-Jo。

どちらも有名な撮影会なので、ご存じの方も多いと思いますが、どちらの撮影会も毎日開催されている上に、予約の必要がなく、好きな時間にいけば撮影できるという共通点があります。
忙しい合間に、軽く撮影ができるのはありがたい限り。

Fresh!
http://www.fresh-club.net/
Foto-Jo
http://foto-jo.jp/

Fresh!で撮影をしていた時に、Foto-Joの利点を、両撮影会に参加しているモデルから聞いたので、試しにFoto-Joに参加した上で、両方の撮影会を比較してみました。(実際に参加したのは、両撮影会ともフォトセッション形式。)

両撮影会の共通点

 Fresh!もfoto-joも同じタイプの撮影会のため、共通点が多く、運営が細かい部分で異なる感じ。
撮影会ユーザーとしては、『どちらの撮影会の方が使いやすく、希望に合った写真が撮れるのか』という事が関心事項だと思いますので、まずは共通点から。

共通点 Fresh!撮影会 & foto-jp
開催日 毎日
(セッションは予約不要・個撮は予約式)
撮影スタイル 複数のモデルが参加するセッション撮影会
単独モデルを撮影出来る1:1撮影会
撮影場所 屋内スタジオ(週末には屋外撮影あり)

撮影会比較

 両撮影会の異なる点。
一番の違いは、1回あたりの撮影時間。

撮影会 Fresh! foto-jo
撮影スペース 8スペース 10スペース
撮影時間 40秒交代 60~90秒交代
モデル交換 (順番で)随時 30分単位で一斉交代
荷物置き場 コイン式ロッカー
使用後コイン返却
棚式
空いている場所に置く
金額 1時間:3,500円
3時間:7,000円
1日:12,000円
後払い(税別)
1時間:4,000円
3時間:7,000円
1日:13,000円
先払い(税込)
運営会社 株式会社ケイアイコーポレーション 株式会社シブヤテレビジョン

Fresh!撮影会のメリット・デメリット

Fresh!撮影会

 

    <メリット>

  • モデルの交換が随時のため、比較的多くのモデルを撮影することが可能
  • 1回あたりの撮影時間が短いため、回転が速く、あまり待たされている感がない(一部人気モデルを除く)
  • モデル交換時に最終カメラマンに最後尾である旨を記した告知を渡されるので交換のタイミングがわかりやすい
  • ロッカーがカギ付きのため、荷物を預ける際安心感がある
  • 撮影中に利用コースを簡単に変更することができる(コースを意識する必要がない)
    <デメリット>

  • 1回あたりの撮影時間が短いため、モデルに大きなポージング変更をする場合に、指示出しだけで交代しなければならない事もある(時間があまりに短い)

foto-joのメリット・デメリット

Foto-Jo撮影会

 

    <メリット>

  • 様々なキャンペーンを活用することで撮影時間を長くすることが可能
  • 撮影時間が長いのでモデルとのコミュニケーションが撮りやすく、大きなポーズの変更が容易
    <デメリット>

  • 1回あたりの撮影時間が長いため、撮りたいモデルが重なった時は、待ち時間が多くなる
  • 撮影場所が多い分、周りのセットが入らないようにするため、アングルに制限が入りやすい
  • 撮影コースを変更したい場合、時間内に再度手続きをしなければならず、手間がかかる

まとめ

 どちらの撮影会も、セッション形式で参加する場合は一長一短があるので、自分の撮影スタイルや、目的に応じて選ぶのが好ましい。

人気モデルを撮りたいのなら、回転の速いFresh!の方が都合がいいし、ゆっくり写真を撮りたいならFoto-Joということになるでしょう。

しかしながら、実際に参加してみた感じでは、どちらの撮影会にも参加しているカメラマンも多いようで、顔見知りが多数いたことから、カメラマンはお目当てのモデルが参加している撮影会に来るという感じなのかもしれません。

個人的にはFresh!の経験が長いので撮影環境や流れに対して『慣れ』がありますが、ゆっくり考えながら撮影をしたり、大きくポーズを変える撮影をしたい時はFoto-Joに行くというスタンスになりそうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotographer_Alphaをフォローしよう!

■こちらの記事も合わせて読みたい