ポートレート事始め、モデルを見つける5つの方法

menu_portrait01

ついこの間、ポートレートを始めたいという知合いに会いました。
仕事以外の事はあまり話さない無口な人ですが、もともと写真に興味はあったらしく、チョット酒が入った席で話をしたのがきっかけ。

話を聞いていると、写真自体始めたばかりで、学生時代に写真部に入っていたわけでもなく、スマホについているカメラでは物足りないので、最近ミラーレスを買ったとの事。

次の問題は、女性モデル(被写体)をどのように見つけるか?
という事だったので、ふと自分が写真を始めた時のことを思い出しました。

モデルを見つける5つの方法

ポートレートモデルを見つける方法はいくつかありますが、見つけるまでの難易度とモデルのキャリア(テクニック)がそれぞれ変わってきます

下に行くほどモデルを見つける難易度が低くなり、カメラマンとしての撮影テクニックも要求されなくなり、(ある程度)好きなイメージで撮影することができます。

『それなら先に書けよ。』と突っ込まれそうですが、自分が撮りたいイメージが決まっている場合、イメージ通りにとれる可能性も低くなるのでバランスを考えて自分に合った方法を見つけましょう。

 

知合いの女性に依頼する方法

一番オーソドックスな方法で、「この子撮ってみたいな。」と思う、学校や職場、親戚の女性にモデルを依頼する方法。もしくは知合いのツテを頼る方法。

普段から親しければ、それほど無下には断られないと思いますが、写した写真の出来栄えが今後の付き合いにも影響するため、結構勇気が必要かもしれません。

自分の近くにモデルとしてのポージングを習得している人があまりいない場合、というか普通の女性はポージング練習はしていないはずなので、綺麗に写すためにはフォトグラファーとしての腕や知識が要求されます。

また、撮影前に必要な撮影場所や当日の衣装、撮りたいイメージ等をしっかり撮影をしておかないと、当日イメージと違う撮影になる危険性も高いです。

一番最初は家族(両親や姉妹)に依頼して腕を磨いてから他の女性に頼んでみるのが吉。
ただし、経験的にいうと、(周りに対象がいない等)成功の確率は結構低めです。

最近ではミスコンが各大学で行われていますので、出場者に『練習』を理由に依頼してみるのもいいかもしれません。

 

自分でサイトを作り募集する方法

本サイトのように写真(ポートレート)のサイトを作り、その中でモデル希望者を募集する方法。

過去に撮った写真を載せることで、モデル希望者もフォトグラファーの腕を確認できるので、比較的依頼が入りやすくなります。

実際に管理人が行っている方法で、素人モデルから女優、声優、タレント希望者と色々幅の広い希望者から連絡を貰えます。

ただ、依頼してくるモデルも『撮って欲しい写真』があることが多いので、自分の知識で叶えることができるか、調整と摺合せが必要です。

サイトに載せる写真によって、モデル希望者の傾向が決まってくるので、写真・モデル選びは慎重にした方がいいでしょう。

知合いや撮影したモデルに友人を紹介してもらう方法

上記2つの中間をとって、知り合いやすでに撮影をした友人・モデルに、写真が必要な友人を紹介してもらう方法。

一度撮影したモデルはリピーターになってくれたり、同じ事務所のモデルを紹介してくれたりしますし、芸能界を目指す女性の中には、グループやユニットで活動したりする人も結構いるので、1回の撮影で数人の女性がモデルになってくれることもあります。

もちろん、紹介してくれるモデルからの信頼があり、ある程度の撮影テクニックを持っていることが条件となりますので、焦らず人脈を増やしていきましょう。

 

SNSや掲示板で募集する

ここからは若干ギャランティーが発生することがありますが、『カメラマン募集』をしているSNSや掲示板で、目的に合ったモデルを探し、依頼する方法。

通常、ギャランティーが発生する場合は、よほど無理な事を要求しない限り、自分の思ったポーズをしてもらえることが多いので、知識や経験を増やす意味ではおススメの方法です。

ただ、使うSNSや掲示板によっては騙しやドタキャンがあったりする(らしい)ので、相手探しは慎重にする必要があります。(事前にしっかり打合せをしていってもダメなときはだめなのですが・・・)

Instagramでフリーモデルに依頼する

最近では、モデルが被写体として活動している写真(いわゆる宣材)を公開しているのがInstagram。
事務所所属からフリーランス・趣味までいろいろなモデルが撮影募集していますので、都合や条件が折り合えば撮影が可能です。

Twitterでフリーモデルに依頼する

Twitterでは、フリーモデルより撮影会モデルやコスプレイヤーが多く活動をしていますので、ポートレートでなくてもよければ(コスプレとか)、被写体を探してみるのもいいでしょう。

マッチングサイトでフリーモデルに依頼する

カメラマンとモデルのマッチングサイトを使ってみるのも一つの方法。

既に芸能活動をしているモデルが登録しており、『撮影のためにプロのモデルを雇う感覚』なので、ポートレート初心者のカメラマンとしては敷居が高い場合がありますが、条件さえ合えば簡単に撮影をすることができます。

自分はストロボライティングやポージングの研究のために、(ある程度)経験の高いモデルを探すときに利用しています。

mixiの写真関係のコミュニティやFacebookのグループなどでカメラマンを募集しているので、参考にしてください。

撮影会に参加する

モデルと撮影場所を用意してくれているイベントに参加費を払って撮影をする方法。

撮影会により、個人撮影・囲み撮影・順番撮影等があり、毎週土日・祝日(撮影会によっては毎日)色々な場所(屋外、スタジオで)行われています。

モデルの調達や撮影場所の考察・準備が必要ではなく、当日カメラを持っていくだけで、写真を撮ることだけに集中できますから、これからポートレートを始めようとするビギナーや、経験値を積むために数多く撮影をしたい初級者・中級者には個人的におススメの方法です。

モデル撮影会の基礎知識にまとめていますが、撮影会を利用することによる限界もあります。

東京都内で毎日開催されている撮影会として『Fresh!撮影会

Screenshot of www.fresh-club.net

少しこだわりたい写真を撮るための撮影会として『ガールズフォトファクトリー

Screenshot of www.pps-mart.com

セクシーな写真を撮るための撮影会として『Pulchra撮影会

Screenshot of ameblo.jp

等があります。

他にも、コスプレやグラビアなどご自分の目的に合った撮影会がありますので探してみてください。

まとめ

女性ポートレートを撮影するためには被写体となってくれる女性の協力が必要不可欠ですので、自分の撮影目的(どんな写真を撮りたいか)と経験値と相談して、最適なモデルを見つける方法を探してみましょう。

特に撮影を始めたばかりの時は、様々なモデルを数多く撮影=シャッターをきることで自分の撮影方法を作り上げることが重要だと考えます。

色々なモデルを撮影すること同じモデルを長期間撮影し続けることのどちらも大切で、同時進行することで見えてくることが多々あります。

自分の作品と方向性や好みが同じモデルを見つけることは簡単ではありませんが、楽しくポートレートを撮影していきましょう。

初稿:2016年3月24日