ライトスタンドLS-050(折りたたみタイプ)

ストロボ撮影

とにかく軽く持運びが楽なライトスタンド

ライトスタンドLS-050(折りたたみタイプ)

 ストロボをカメラ本体につけることなく独立して使ったり、多灯ライティングをする時には、ストロボを支えるためのスタンドが必要になります。

そもそもストロボを屋内外で使う理由は、レフ板を持ってくれるアシスタントがいない状態で、補助光を必要とするから。
カメラマン一人の撮影では、ストロボを独立して使えるようにしなければなりませんが、ストロボ本体を付属の土台をつけて置くだけでは、光のコントロールが容易ではなく、思った場所に光が当たらない可能性もあります。

その点、ライトスタンドを使えばストロボの高さと場所を指定できますので、より安定したライティングを組むことができるようになります。

一番持出すことの多い軽いライトスタンド

 ストロボを使う撮影の場合、持込む機材が少なくなるので、モノブロック等ストロボが使える(レンタルできる)フォトスタジオを使う事が多いのですが、スタジオによってはレンタル料をとられたり、屋外では電源の関係で大型ストロボを持っていけないという事も少なくはありません。

そのような時は、簡単にライティングを組むための方法として、クリップオンストロボを数台と、ソフトボックスやアンブレーラー等オプションと一緒に、複数台のライトスタンドを持っていきます。

ライトスタンドLS-050(折りたたみタイプ)

本来なら、スタンド自体にも重量があり、安定感のあるものを使うのが好ましいのですが、折角軽いクリップオンストロボを使うのであれば、ストロボ用のスタンドが重いのでは意味がありません

一度設置すれば移動する必要のないスタジオならともかく、ストロボセットを持って移動を繰り返す撮影の時には軽さが強力な武器となります。(移動ごとに機材の組直しをしていては、全体の進行が遅くなるばかりでなく、モデルさんのテンションも下がってきてしまいます。)

そこで、手軽さと素早さが求められる撮影の時に、このライトスタンドLS-050を使えば機動性が増すと同時に、持運びのために体力を使い切ってしまうという事も避けられます。

 

ライトスタンドLS-050の仕様

サイズ:収納時50cm、最大伸長180cm
最大荷重:2Kg(本体重量:1Kg)
節数:5カ所、パイプ径:(上から)13mm、16mm、20mm、23mm、26mm
折りたたみタイプのライトスタンド。

<ポイント>
先にも述べたように、スタンド自体の軽さと収納時の長さにより持運びが容易。
全長は180cmまで使えるので、よほどの事がない限り高さに不足はないと思います。
スタンド自体が軽いので、重いストロボ(含むオプション)を使うと不安定になる可能性があります。
(特に風が強い場所で、アンブレーラーを開いたりしたら、簡単に飛ばされてしまいますので、足元に重りを置く等の対応をしましょう。)

 

入手先は

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotographer_Alphaをフォローしよう!

 

■こちらの記事も合わせて読みたい

 

 

ピックアップ記事

  1. クリップオンストロボ用オクタボックスファイヤーフライ65
  2. とにかく軽く持運びが楽なライトスタンド
  3. 作品撮りや宣材で欠かせない単焦点レンズ100mmマクロ
  4. マニュアルストロボの使い方が学べるサイト
  5. Carl Zeiss Batis 25mm F2

関連記事

  1. ClipON Clamp-Mount ボックス

    ストロボ撮影

    クリップオンストロボにつけられる7種類のヘッド

     クリップオンストロボに装着できるソフトボックスの記事が11月20…

  2. 体験談レポート
  3. 屋外でのポートレートにストロボを使う

    ストロボ撮影

    屋外でのポートレートにストロボを使う

    屋外でスタッフもレフ版もなく、モデルと一対一で撮影をする際に、顔を暗く…

  4. kk162174323_tp_v

    ストロボ撮影

    ライティングの基礎が学べるビデオ その3

     このビデオはムービー用のライティングなので、スチールではそのまま…

  5. SONY α7Ⅱ

    ストロボ撮影

    SONYα7Ⅱなら他社製ストロボが使える?!

    SONY α7Ⅱで他社製のクリップオンストロボを使うための方法について…

  6. IMG_07_0408_1

    ストロボ撮影

    ディフューズ撮影

    ストロボと被写体との間に透過性のある布等の素材を挟むことで、光を直接当…

一歩進んだポート―レートの撮り方

  1. TAKEBE_fishon_TP_free
  2. YAGI21511154415111544_TP_V
  3. 平橋侑奈さんガールズスナップ
  4. 板垣風花さんガールズスナップ@原宿、使用機材:Canon EOS5DMarkⅢとCanon EF24-105mm F4L IS USM
  5. menu_portrait01

最近の投稿

  1. no1228_035
  2. LIG_syashinngaumakutorenai_TP_V
  3. ましるりさんポートレート、使用機材:SONYα7ⅡとLens:SONY FE 24-70mm F2.8 GM
  4. 初心者から一歩前へ進むための撮影術
  5. Shizunaさんクール作品撮り、使用機材:Canon EOS5DMarkⅢとCanon EF24-105mm F4L IS USM

撮影会を使った写真上達方法

  1. NO1086_0005
  2. photo_0024-e1400024018248
  3. 2718c04205975a75ef34ba5b60435cf2_s
  4. photo_session
  5. 門脇 栞さんガールズスナップ

Twitter

最新情報をご紹介しています。 モデル希望の方はお気軽にフォローしてください。


  1. FA-CS1M

    ストロボ撮影

    SONY α6000で他社製ストロボを使う
  2. Batis1.8/85

    レンズ

    透明感のある写真を撮るためにCarl Zeiss Batis 1.8/85を使う…
  3. canon_ef100LIS_

    レンズ

    作品撮りや宣材で欠かせない単焦点レンズ100mmマクロ
  4. ClipON Clamp-Mount ボックス

    ストロボ撮影

    クリップオンストロボにつけられる7種類のヘッド
  5. ファイヤーフライ

    ストロボ撮影

    クリップオンストロボ用オクタボックスファイヤーフライ65
PAGE TOP