photo_0024-e1400024018248

撮影方法

欲しいと言ってもらえる写真を撮る

 「奇跡の1枚」とか、「盛られてる」とか色々な表現はあるけれど、写真を見た瞬間に被写体(以後、モデル)のテンションを上げる事ができ、女性全般に喜ばれる写真があります(撮影できるかどうかは別として・・・)。

モデルさんに喜ばれるために写真を撮るわけではないですが、少なくともモデルさんのテンションを上げた方が撮影がしやすく楽しいですし、いい写真が撮れる事は間違いありません。

その上、その後のリピート依頼も増える傾向がありますので、撮影中のポーズが好みに合わない場合でも、数枚は実践しましょう!(撮影会では依頼は無理でも個人で依頼してくれるモデルさんが増えると嬉しいでしょ?)

女性=モデルに喜ばれる写真とは

LIG93_camerawomukeruhiroyuki1194_TP_free

  • 『実際より可愛く・小顔に見える』と本人が思える写真
  • 『実際より手脚(特に脚)が細く・長く見える』と本人が思える写真
  • 今までに撮られた事がなく、新しい発見がある写真
  • 撮って欲しいと思っているイメージが具現化した写真

の4つ。

あと、『カメラマンとしてのネームバリューを強調する=有名なカメラマンに撮ってもらった』というのもありますが、普通の人は無理なので、ここでは割愛します。

喜ばれる程度としては、モデルさん本人の評価ポイントにもよりますが、この4つを叶えれば最強!
若干順番や日数を待ってもこのカメラマンに撮られたい』という信頼感をモデルさんに与えることができます。そういう信頼の積み重ねってとても大事です。
何回も同じモデルさんを撮影したい場合は、一人のモデルさんと長期間に渡り撮影していく方法を参照ください。

女性に喜ばれる写真が撮れると・・・

Camera:SONY α6000,Lens:Zeiss Batis 2/25

 モデルの中には綺麗に撮ってもらえることがわかると、サービスポーズをしてくれたり、写真を自分のブログやツイッターで紹介してくれるモデルさんも結構います。

グラビアを目指すモデルさんの場合、『公開できないでしょ』と思える大胆ポーズをしてくれたり、可愛い系を目指すモデルの場合、キス顔くれたりもする。
こういうところが、サイトで写真を見ているだけでは味わえないポートレートの醍醐味でもあるのですが・・・。

流れとしてはこんな感じ。
1.撮影中に(確認の意味も含めて)写真を見せる and 自分のSNS、ブログで写真を公開
2.その中で気に入った写真があれば、モデルさんが自分のブログやSNSで再公開・告知
3.ファンの人が褒める → モデルさんも嬉しいし、カメラマンも嬉しい
4.(数多くのカメラマンに撮られている場合)モデルさんがカメラマンの顔をしっかりと覚える
5.次回撮影時にもっとサービスしてもらえる(ポージングや表情という意味)
6.もっといい写真・他のカメラマンが撮れない写真が撮れる
7.さらにモデルに喜ばれる
という好循環が生まれます!

ということで、奇跡の1枚を狙うのではなく、女性に喜ばれる写真を確実に撮れるテクニックを身につけましょう!

欲しいと言ってもらえる写真を撮るためのテクニックとは

 自分が撮影した写真を、被写体(必ずしもモデルさんだけではないので)の女性がSNSのプロフィールやチラシ、コンポジ等に使ってくれると、嬉しくありませんか?
せっかく頑張って撮影したのですから、自分の写真を使って欲しいですよね。

写真を撮っていると、写真を撮った(見た)人から『欲しい』と言ってもらえる時が(たぶん)来ます。
中には、いつの間にか色々な媒体に使われていて、『これ俺が撮った写真ジャン!』という事もありますが、欲しいと言ってもらえないという事は、撮った写真が被写体の好む写真や方向性と合っていないという事でしょう。

本サイトで扱っている写真は、ほとんどが女性ポートレートですので、彼女たちに『欲しい』『撮って欲しい』と頼まれるようになるために必要なことは何でしょう?

最低限ピントがしっかり合っている写真

 ポートレートを撮影する際、ピントが合っているのは当たり前!そう考えているカメラマンが殆どだと思いますが、実際にしっかりピントが合っている写真はどの位あるでしょうか?

被写体の慣れ方にもよりますが、経験のあまりない方を撮ると、被写体ブレという問題も発生してきますし、撮影場所によっては手ブレやピンボケの可能性もあります。

そんな中でも、被写体が好む写真のピントはしっかり合っている必要があります。
被写体が気に入った写真だけ、偶然ピントが合っていた。等という奇跡は起こりませんし、撮影に不慣れな被写体ほど、ピントが合っているのが当たれ前と考えているケースが多いです。

1回のシチュエーションで、どの位シャッターを切るかはカメラマン次第ですが、100枚切って、被写体ブレが1~2枚、残りはきちんとピントが合っている状態であるのが望ましいです(まあ、全てジャスピンが理想ですが)。
これくらいの精度がないと、気に入ってもらった写真のピントが全て合っているという事はないかもしれません。

被写体の好みに合っている雰囲気とイメージ

 全ての写真のピントを合わせる事が可能でも、被写体の好みに合っていなければ『欲しい』とは言ってもらえません。

『好みの雰囲気』や『イメージ』には、被写体の表情やポーズは当然の事、背景の入り具合やぼかし方、写真構成のバランス等、細かい点を挙げる事が出来ます。

カメラマンにもこだわりがあるように、被写体にもこだわりがあり、被写体の希望を叶えて、尚且つ綺麗に撮れている写真が求められるのです。

言葉にするとやたら難しく感じますが、少しでもイメージを共有するために、次の方法が求められます。

被写体の協力が得られる会話力

 被写体のこだわりや希望については、ズバリ、本人に直接聞いてしまいましょう。
どんな写真が撮りたいですか?
どんな写真が好きですか?

そして、好きな写真や雰囲気の話を突破口として、被写体をリラックスさせるように努力する事が重要です。
というのは、被写体は話をしないカメラマンに対して不安を持つようになります。
『こんなポーズでいいのか、可愛く撮れているのか、このカメラマンはどんな写真を撮りたいのだろうか。』
不安な気持ちでいると、それが表情やポーズに出て、いい写真を撮ることができなくなります。いい写真を撮るためには被写体の協力が欠かせません。

作品撮りをするメンバーが登録しているTOPMODEL.jpのアンケート結果『こんなカメラマンは苦手!』でも、コミュニケーションを上手く取れないカメラマンは苦手と言われています。
プロの世界でも苦手という位ですから、経験の浅い方の場合は、もっと不安になってしまうはずです。
例えば、カメラマンが順番に撮影をする撮影会等に参加するとわかりますが、モデルが安心できるカメラマンの順番では、硬い表情が明らかに柔らかく変わります。

そこで、カメラマン持ち前のセンスと会話で、積極的に話しかけ、被写体の好みの写真を聞き出すことができれば、『欲しい』と言ってもらえる写真を撮ることは、後少しです。
一番重要なことは、カメラマンと被写体の心の距離ではないでしょうか。

希望を叶えるための撮影テクニック

ピントを合わせるテクニックはある。
被写体との会話にも自信がある。
あと求められるのは、被写体の希望を叶えるための撮影テクニックだけです。

撮影直前の会話(打合せ)で、1枚の写真を見せられて、『こんな感じに撮ってもらいたいのですが。』と言われた時、どのように撮影すればいいかすぐに判断することができるでしょうか?

普段撮り慣れているスタイルなら、すぐに判断することができると思いますが、経験がない場合、どのように撮影をすればいいのか、必要な機材があるのか、機材をどのようにすれば撮れるのか等の条件によりすぐには希望を叶えることが難しい場合もあります。

そんな時は、被写体と直接会う前に撮影希望の写真サンプルなどを送ってもらって、どのように撮ればいいのか事前に勉強するだけで、被写体から『欲しい』と言ってもらえる写真を撮れる可能性が高くなります。
自分の知識が増えるチャンスでもありますので、被写体との事前の打合せと予習はしておいた方がいいでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotographer_Alphaをフォローしよう!

 

■こちらの記事も合わせて読みたい

 

 

ピックアップ記事

  1. クリップオンストロボ用オクタボックスファイヤーフライ65
  2. クリップオンストロボにつけられる7種類のヘッド
  3. Carl Zeiss Batis 25mm F2
  4. マニュアルストロボの使い方が学べるサイト
  5. SONY α6000で他社製ストロボを使う

関連記事

  1. a0002_009244_s

    撮影方法

    カメラのファインダーは右目、左目?

    デジタル一眼レフで撮影する際の、目の使い方について…

  2. 体験談レポート

    撮影方法

    体験談! 素人モデルさんを撮る!

    今回は、素人モデルさんと直接交渉を行い、撮影するまでの体験!撮影につい…

  3. ちか作品撮り

    撮影方法

    ジャスピンの障害となる4つの理由と対処法

    ピントが甘いと感じたら確認したい4つの事象と対処方法をご紹介!少しでも…

  4. no1065_0016

    撮影方法

    自称、我儘な女!?

    モデルの我儘は、撮影課題を与えてくれる事に等しく、カメラマンとしてワン…

  5. レタッチペン

    撮影方法

    より美しく魅せるレタッチ作業

    ポートレート撮影の場合、写真を撮るだけでは片手落ち。
    その後…

  6. no1002_00031-e1405513578107

    撮影方法

    モデルとなってくれる女性の安全を守ろう!

    モデルとなってくれる女性の安全を守るためのカメラマンとしての心構えと気…

一歩進んだポート―レートの撮り方

  1. 板垣風花さんガールズスナップ@原宿、使用機材:Canon EOS5DMarkⅢとCanon EF24-105mm F4L IS USM
  2. YAGI21511154415111544_TP_V
  3. TAKEBE_fishon_TP_free
  4. 背景がボケている写真
  5. no1228_035

最近の投稿

  1. no1228_035
  2. LIG_syashinngaumakutorenai_TP_V
  3. ましるりさんポートレート、使用機材:SONYα7ⅡとLens:SONY FE 24-70mm F2.8 GM
  4. 初心者から一歩前へ進むための撮影術
  5. Shizunaさんクール作品撮り、使用機材:Canon EOS5DMarkⅢとCanon EF24-105mm F4L IS USM

撮影会を使った写真上達方法

  1. NO1086_0005
  2. photo_0024-e1400024018248
  3. 2718c04205975a75ef34ba5b60435cf2_s
  4. photo_session
  5. 門脇 栞さんガールズスナップ

Twitter

最新情報をご紹介しています。 モデル希望の方はお気軽にフォローしてください。


  1. Batis1.8/85

    レンズ

    透明感のある写真を撮るためにCarl Zeiss Batis 1.8/85を使う…
  2. ファイヤーフライ

    ストロボ撮影

    クリップオンストロボ用オクタボックスファイヤーフライ65
  3. img_2379

    ストロボ撮影

    マニュアルストロボの使い方が学べるサイト
  4. Carl Zeiss Batis 25mm F2

    レンズ

    Carl Zeiss Batis 25mm F2
  5. ClipON Clamp-Mount ボックス

    ストロボ撮影

    クリップオンストロボにつけられる7種類のヘッド
PAGE TOP