Canonパンケーキレンズ EF-40mm F2.8 STM

Canon EF40mm F2.8 STM
撮影機材

特に必要があったわけではないけれど、『何となく』お出かけ用のレンズとして使ってみようかな。と思い、購入を決めたCanon EF40mm F2.8 STMはCanon初のパンケーキレンズで、EFレンズ中最薄で最軽量のレンズで、重さは130g。最短撮影距離は30cm。

ポートレート撮影がメインの管理人だが、少しでも被写体に寄れることは重要で、レンズを選ぶときに『一歩前へ!』を実践できる最短撮影距離の短いレンズばかりを探しており、Canon標準短焦点レンズ(EF50mm F1.8Ⅱ、F1.4 USM、F1.2L USM)の最短撮影距離は45cmなので、このレンズは15cmは被写体に寄れることになる。

解放でもF2.8と、単焦点レンズとしては少し暗めと感じるが、試しに銀座で撮影をしてみると、解放からシャープな画になるので、思いのほか使いやすいレンズと感じた。

Canon EF40mm F2.8 STM

[撮影データ]
カメラ:Canon EOS 5D MarkⅢ
レンズ:Canon EF40mm F2.8 STM
現像:Adobe Photoshop Lightroom 4.4
SS:1/2500、f/2.8、ISO:100

 

上の写真は、フルサイズの5D MarkⅢで撮影をしているので、この画角だが、APS-Cである60Dでは、焦点距離が64mm相当となるため、結構スナップには使いづらいかもしれない。
むしろ、APS-Cにつけた時はポートレートで使うと面白い写真が撮れるのではないかと期待している。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotographer_Alphaをフォローしよう!

■こちらの記事も合わせて読みたい