• HOME
  • 撮影機材
  • 作品撮りや宣材で欠かせない単焦点レンズ100mmマクロ

作品撮りや宣材で欠かせない単焦点レンズ100mmマクロ

canon_ef100LIS_
撮影機材

初めて買った単焦点&マクロレンズ

 プロカメラマンのワークショップに参加するようになって、本格的に商業カメラマンとなるためにレンズを揃える際、一番最初に手に入れようと考えたのが、Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USMでした。
もちろん、そのカメラマンからのお奨めがあったのは言うまでもありません。

レンズの特徴と使用目的

PORO

 本レンズは、高速AF・フルタイムマニュアルフォーカス・ハイブリッドIS(角度ブレとシフトブレ、ふたつの手ブレを補正する)を搭載し、UDレンズを使用したCanonのLレンズです。

2009年10月発売ですので、発表されてから暫らく経っていますが、本レンズは単焦点・マクロレンズですので、下記の特徴を備えています。

  • 単焦点レンズ=焦点距離、つまり画角を変えることのできないレンズ
  • マクロレンズ=『高い撮影倍率で接写撮影ができるよう設計されたレンズ』の事で、被写体近くまで寄って撮影することもできます。

もちろん通常の単焦点レンズとして人物等の撮影に使っても問題はありませんし、マクロレンズの仕様を活かして(商品等)細かいものや物撮りを行う事も可能です。

個人的には、宣材写真や作品撮りで、(寄り過ぎてシャッターがきれないという事が無いので)被写体との距離を考えなくてもいい時に持出します。

 

撮影サンプル

ちか作品撮り

 本レンズは解放絞りがf2.8と単焦点レンズとして使うには少し物足りないのですが、スタジオでは解放で使わず、一段~二段ほど絞って撮影をすることが多いです。(場合によってはf8以上になる時も・・・)

パーツを撮る時は被写体からの距離が近いこともあり、むしろボケすぎる傾向がありますので上記写真ではf5.6まで絞っています。

Anna作品撮り

ASUKA

 

Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USMは物撮りやパーツ撮影には必要な一本

池内遥さん私服ポートレート@新宿、使用機材:Canon EOS5DMarkⅢとCanon EF100mm F2.8L マクロ IS USM

 女性を被写体とした場合、それも特にビューティーやパーツ等を撮るために被写体に寄る必要がある場合はマクロレンズを使う必要があります。

Canonから販売されているフルサイズ用マクロレンズは
・EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
・EF100mm F2.8 マクロ USM
・EF180mm F3.5L マクロ USM
の3本。

別にLレンズだから良いレンズというわけでは無いですが、100mmという画角は(個人的には)非常に扱いやすく、レンズの性能・使いやすさと価格のバランスを考えると、是非手に入れて使いこなしてもらいたい一本だと考えています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotographer_Alphaをフォローしよう!

■こちらの記事も合わせて読みたい