写真を撮ってもらう時、プロかアマかは問題ではない

a0002_007291_m
ポートレートの撮り方

この記事のコンテンツ

 色々なところで議論されているカメラマンの『プロとアマ』の違い。
写真を撮ってもらいたい人にとっては、誰に撮ってもらえばいいか考えると思うけど、全ての人間に得手不得手があるように、カメラマンにも専門のジャンルというものがあります。
それに加え、写真には嗜好が加わるので、同じ方向性のメンバーを集めることはとても難しい。

それならプロに撮ってもらえばいいじゃないか。プロなら問題ないだろう。
と考えるかもしれないが、カメラマンもモデルも『プロ』になるためのライセンスは存在しないのは周知の事実。
本人が『プロ』と名乗れば、すなわち『プロカメラマン』『プロモデル』なのだ。

実際の製作現場では

 カメラマンでもデザイナーでも同じことだと思うが、製作終了間際でクライアントからNGを出される『プロ』がいる。
彼らは写真やデザインを提供して生活をしているのだから、一般的な見方をすれば明らかに『プロ』だ。
にも関わらず、クライアントの要望に答えられないという点で、明らかに『アマ』である。
個人的にはクライアントから2回NGを出されたカメラマンやデザイナーには今後発注することを避ける。

 彼らが約束の期間内に確実な成果を上げることを前提に製作全体の行程が組まれている以上、クライアントのNGにより作り直しになることは他のスタッフの作業や納期の点からも許されない。
にも関わらず、写真の撮り直しやデザインの作り直しが行われるため、作業自体が止まる。

NGとなった作業を再度行うからといって、製作納期が延びるわけではないから、結局他のスタッフの作業時間が圧迫される結果を生む。

製作の『希望イメージ』と『カメラマン・デザイナー作品の方向性』が異なる依頼をしたのなら、依頼主に責任があるのは当然として、自分が2度のNGで依頼しなくなる理由は、『あなたをプロとして、パートナーとして信用できません』と暗に言っている。
経験上、最初にクレームのつく人間はその後も同じ事を繰り返すので信用できないことの方が多いんだけど・・・。

蛇足ではあるが、『自分が営業職ではないからと言ってダラシナイ格好をして打合せに来る人間』も、私なら依頼しない。
クライアントの依頼だからプロジェクトを組むことがあっても、個人の仕事では依頼しない。
人に会うにはTPOで相応しい格好というものがあり、芸術系と勘違いしている人間は、それを無視しているのか気付いていないのか、奇抜な格好で、しかも遅れて来て、会議の場で白い目で見られているケースが多い。

プロとして活動していくのであれば、スーツを着ろとは言わないが、場にふさわしい恰好をする位の気遣いは最低限必要だ。

結論

 芸術・制作の仕事に関して言えば、前述のようにカメラマンやモデルにはプロとしてのライセンスが必要ないので、『プロ』を名乗るのは簡単だ。

結局、撮影を依頼するのであれば、カメラマンにしろ、モデルにしろ、『プロかアマ』かが重要なのではなく、撮られたいイメージを再現できるカメラマンかどうか。
特に、他のスタッフや金銭が絡む場合は、『任せるに値するかどうか』という信用の方がより重要になる。

 

不慣れなカメラマンに依頼すると『奇跡の1枚だった』ということもあるので、依頼前に、カメラマン、モデル、ヘアメイク、スタイリスト等撮影に参加するメンバーの過去の作品を見せてもらい、『自分が表現したい内容を、そのメンバーが過去に実現させているかどうか』をチェックする事をおススメする。

あと、『モデルの撮られたいイメージ』とカメラマンの『撮れるイメージ』が一致しないと、目的に合った写真を撮ることができないので、事前にしっかり打合せをしよう。

 

過去作品を見せてくれないカメラマンに依頼する場合どうするか?
その時は、過去作を見せてくれるカメラマンを選べばいいだけじゃないかな。と思う。

 

※掲載写真と本文は関係ありません。(Image:足成)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotographer_Alphaをフォローしよう!

■こちらの記事も合わせて読みたい