セクシーな撮影をしたいカメラマン向け?!フルール撮影会に参加してみた

フルール撮影会くるみ レザーランジェリー
ギャラリー

最近、外見の優れた女性はほとんど撮影会に登録しているのか?
と思えるほど、色々な撮影会に登録する女性が多い。
実際、以前撮影をしていたモデルさんが、「登録しました」と撮影会デビューした連絡が時々来る。

そんな一例で、今回はフルール撮影会に登録したモデルさんがいたので、どんな撮影会なのか誘われて参加してみた。



フルール撮影会

http://cospattssu.com/

 

登録モデルさんを見ると、コスプレをしている方が多いように見受けられるが、目を引くのが各撮影会の詳細ページで見ることができる撮影可能な衣装一覧。

モデルによって若干違いはあるが、普通の水着を筆頭にfeastやparfaiteといった可愛い系の下着や、うしじまいい肉ブランドPredatorRatやレザーランジェリーもOKとなっている。
セクシー系というよりフェチ系といったほうがいいかもしれないラインナップだ。

スタジオは一軒家がそのままスタジオになっており、2階がキッチン兼受付窓口。
1階がクール系で、3・4階が可愛いタイプになっており、衣装とのバランスが考えられている。

撮影スタイルは、1:1の個人撮影。
申込みをしたモデルさんと、撮影時間中ゆっくりと撮影ができるスタイルだ。

撮影会スタイル

タイプ アイドル・グラビア系(1:1)
撮影場所 シルバーローズスタジオ
 東京都目黒区青葉台4-6-10
撮影時間 55分
金額 8,000円~15,000円(モデル・衣装により変化)

撮影までの流れ

フルール撮影会のサイトから、希望の日時・モデルを選択すると、撮影可能な衣装一覧が掲載されている。
ページの一番下に『ご予約フォーム』があるので、必要事項を入力の上、送信。(衣装に関しては申込み時に希望を伝える)
撮影会から『日付・モデル名』がタイトルになった確定メールが届いた時点で予約が完了する。

撮影日当日、スタジオに行き、受付を済ませば撮影が可能。
撮影時間中、使いたい部屋が他のカメラマンと被った場合は、撮影開始前に主催者と他のカメラマンと相談して決める。

撮影開始時間の1時間前からスタジオに入れるとのことなので、30分位前までには到着して、撮影場所の確認等を済ませた方がいいと思う。

撮影時間になると、モデルさんが指定した部屋に来るので、撮影を始めよう。



モデル:くるみ san

くるみ レザーランジェリー
当日撮影させていただいた「くるみ」さん。

今回の衣装は、他の撮影会で見た事のなかったレザーランジェリー。
フルール撮影会では4種類のレザーランジェリーを選ぶことが出来るが(詳細は撮影会ページで)、今回依頼したのはレザーランジェリーA+コルセット。
前半はコルセット有で、後半は外してもらった。

かなり余裕をみていたにも関わらず、スタジオの場所がわからず、開始時間ギリギリに到着したので、スタジオ内部を軽く見せてもらった後、衣装とのバランスを考えて、クール系に撮れる1階で撮影することにした。

まとめ

フルール撮影会1階

撮影開始と同時にモデルさんがタイマーを作動させるので、時間内は好きなように撮影ができるシステム。

途中で部屋を変わる場合、移動5分前と移動時間に主催者が声掛けをしてくれる。

機材については、カメラ・ストロボ等持込は自由との事。
各部屋に定常光のライトスタンドが1~2台置いてあるが、これだけで部屋全体を明るく撮影することは難しい。
出来れば自分の(クリップオン)ストロボを数台持っていった方がいいだろう。

今回はレザーの質感を出したかったので、スタジオに備え付けのライトスタンドを2台組合わせて、少し暗めのムードのある感じのライティングを組んだ。
小麦色の肌が艶っぽく表現できたと思う。

Photo

くるみ レザーランジェリー

くるみ レザーランジェリー

くるみ レザーランジェリー

くるみ レザーランジェリー

くるみ レザーランジェリー

くるみ レザーランジェリー

 

撮影DATA

Model くるみ san (Twitter)
Camera SONY α7Ⅱ
Lens Zeiss Batis 2/25
SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

関連記事一覧