• HOME
  • 撮影会
  • クールアンドセクシーな作品撮りに最適!?Pulchra(プルクラ)撮影会

クールアンドセクシーな作品撮りに最適!?Pulchra(プルクラ)撮影会

愛羅 クールアンドセクシー ポートレート

以前、セクシー系の撮影ができる撮影会を『セクシーな撮影をしたいカメラマン向け?!フルール撮影会に参加してみた』でご紹介しました。

その後、何回か撮影しているNaruさんやむめも舞美さんのお誘いいただき、クールアンドセクシーに撮影ができるPulchra(プルクラ)撮影会で撮影をしてきましたので、ご紹介します。

撮影場所とモデルのイメージが合えば、フルール撮影会とはまた別な感じのクールアンドセクシーな写真が撮れる撮影会と言えます。

Pulchra(プルクラ)撮影会

https://ameblo.jp/kokuchi/

Pulchra(プルクラ)撮影会最大のポイントは、専用のスタジオを所持しておらず、一般のレンタルスタジオ・ホテル・屋外を運営者が独自にチョイスしている点。

個人では手が出しづらい高級スタジオを使ってくれることもあるので、背景やイメージがその都度変わることで『飽き』が来ない工夫がされている。(その分、新規のスタジオだとカメラ設定をその都度確認する必要がある。)

撮影時の衣装は、私服・水着・下着とジャンル分けで申込みが可能だが、当日はモデルさんが自分で選択するとの事。(事前にSNS等で打合せもできるのかな?)

申込み時に、モデルさんにハンドルネームを伝える事ができ、(彼女たちがカメラマンを認識していれば)『1回目は赤の下着だったから、今回は黒にしてみたよ』みたいな気遣いをしてくれるのも魅力の一つ。

結構有名どころのモデルさん(SNSで他のカメラマンがよくUPしている)が多く、馴染みのモデルさんも何人か参加していることもあって、個人的には敷居はそれほど高くない感じを持っていた。
どちらかというとクール系に撮りたい感じの撮影会。

撮影会スタイル

タイプ クール・セクシー系(1:1)
撮影場所 スタジオ・ホテル・屋外等(特定のスタジオはなし)
撮影時間 50分~80分
金額 7,500円~15,000円(モデル・衣装により変化)

撮影までの流れ

Pulchra(プルクラ)撮影会のサイトから、希望の日時・モデルを選択し、ページの一番下の『ご予約フォーム』から、必要事項を入力の上、送信。(衣装に関しては申込み時に希望を伝える)
撮影会から『日付・場所』がタイトルになった確定メールが届いた時点で予約が完了。

撮影日当日は、他の撮影会と同じ流れ。
確定メールに記載された撮影先に行き、受付を済ませば撮影が可能。
(撮影場所はホテル、スタジオ、屋外と様々で、特定な場所ではないのでチョット注意が必要。)

撮影時間中、他のカメラマンと使いたい場所が被った場合は、お互い調整して撮影(主催者は一切関知せずという姿勢なので、独占しないように)。
撮影開始時間の10分前から撮影場所に入れるので、撮影の準備をしてモデルさんを待とう。

モデル:片桐愛羅 san

愛羅 クールアンドセクシー ポートレート

当日撮影させていただいたのは、Twitterでは相互フォロー状態にもかかわらず、撮影自体は初めての「片桐愛羅」さん。

ツイートからクール・ビューティー・セクシーのどのパターンでも撮影が可能なモデルという事を理解していたので「私服と水着」を依頼したところ、黒い下着に見える水着だったので、モノクロに仕上げてみました。

プロフィール

名前 片桐 愛羅
生年月日 1991年12月4日
出身地 東京
血液型 O型
身長 154 cm
スリーサイズ B80・W60・H88 cm
シューズ 23 cm
Blog amebro
Twitter @AIRA16655469
Twitter @rimkun0720

まとめ(感想)

今回のスタジオは、学芸大学スタジオ
3階建ての一軒家スタジオで、個人で借りるには敷居(金額)が高く、使ったことのないスタジオを撮影会で使えるのはとてもありがたい。

天候の関係もあったが、室内はそれほど明るくなく、Godox AD200ソフトボックスを付けた、いつものライティングで撮影を行った。

はじめてのスタジオで撮影を行う場合、(仕事でもないので)ロケハンができない事が多い。
スタジオによっては定常光ライトが使える場合もあるが、スタジオをシェアする場合、必ずしも自分が使えるわけではないので、ストロボの1セットは必ず持参したほうがいいと思う。

Photo

愛羅 クールアンドセクシー ポートレート
愛羅 クールアンドセクシー ポートレート
愛羅 クールアンドセクシー ポートレート
愛羅 クールアンドセクシー ポートレート
愛羅 クールアンドセクシー ポートレート

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でYogiをフォローしよう!