• HOME
  • 撮影機材
  • SONY EマウントのフルサイズとAPS-Cを一緒に使う時の注意点

SONY EマウントのフルサイズとAPS-Cを一緒に使う時の注意点

SONY α7Ⅱ

最近、個人的な撮影ではSONY α7Ⅱを使うことが多いのですが、たまにカメラに興味のあるモデルさんに「SONYだとYogiさんのような写真が撮れるんですか?」と聞かれることがあります。

SONYのカメラだからYogi的な写真が撮れるというわけではなく、CanonでもNikonでも同じような写真は撮れますので、カメラメーカーは関係ない旨を伝えます。

また、自分と同じカメラメーカーを使っている人には興味が湧くということで、SONYのカメラを使っているモデルさんから、フルサイズレンズとAPSレンズについて、本当にたまにですが聞かれることがあります。

フルサイズカメラはフルサイズ用レンズ、APS-CカメラはAPS-C用レンズしか使えないと思い込んでいる方もいらっしゃるようなので、それぞれの組合せ・メリットとデメリットをはっきりさせたいと思います。

ということで、今回はSONY Eマウントカメラとレンズの関連についてのお話です。

SONY Eマウントで使うレンズについて

SONYのEマウントには

・カメラ ・・・ フルサイズカメラ(α9・7シリーズ)とAPS-Cカメラ(α6000・NEXシリーズ)
・レンズ ・・・ フルサイズレンズ(GM・ZEISS他)とAPSレンズ

が混在しています。

それぞれの型番やサイトを注意深く見れば、フルサイズ用かAPS-C用かわかりますし、どちらも自由に使えるのがミラーレスカメラのメリットの一つですので、間違って買ってしまっても使い方さえ理解していれば、あまり気にする必要はないと思います。

SONY Eマウント フルサイズとAPS-C使い方の組合せ

SONY Eマウントのカメラ2種類と、レンズ2種類の組合せは

  • フルサイズカメラとフルサイズレンズ
  • フルサイズカメラとAPS-Cレンズ
  • APS-Cカメラとフルサイズレンズ
  • APS-CカメラとAPS-Cレンズ

の4パターンがありますが、大前提として、上記4つの組合せ全てでカメラもレンズも使うことができます

ただ、カメラ・レンズ両方の機能を100%引き出すには、フルサイズカメラとフルサイズレンズAPS-CカメラとAPS-Cレンズの組合せが必要です。
この2つの組合せにつきましては、(間違える人もいないでしょうから)特に説明は必要ないでしょう。

フルサイズカメラとAPS-Cレンズの組合せ

SONY E18-135mm F3.5-5.6 OSSサンプル

最初はAPS-Cカメラを使っていて、後からフルサイズカメラに買換え、買増ししたケースが多いと思います。
フルサイズカメラとAPS-Cレンズの組合せでは、保存される写真のサイズが小さくなります。

例えば、フルサイズ(Rシリーズを除く)では最大Lサイズ: 6000 x 4000(24M)ピクセルで保存することが可能ですが、APS-Cレンズを使う時は、Lサイズ: 3936 x 2624(10M)ピクセルでしか保存することができません。

ブログやSNSに投稿する位のサイズでしか使わないのであれば、大した問題はありませんが、A3サイズ等写真を大きくプリントしたい等の理由でできる限り大きく保存したい場合には向かない組合せです。

APS-Cカメラとフルサイズレンズの組合せ

SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

自分はα6000(APS-Cカメラ)にCarl Zeiss Batis 25mm F2を使ってみたくて、このパターンからSONYを使い始めた。(結局α7Ⅱも買ってしまいましたが・・・)

APS-Cカメラとフルサイズレンズの組合せでは、レンズの焦点距離が1.5倍になります。

例えば、フルサイズカメラ(α7シリーズ)で焦点距離24mmのレンズを、APS-Cカメラ(α6000シリーズ)で使うと、24mm × 1.5=35mmの焦点距離(画角)となります。

屋外ではあまり気にならないかもしれませんが、狭い室内やスタジオで撮影をする場合、被写体との距離の関係から広角レンズを使うことも多いので、焦点距離が1.5倍になるのは少しつらいかもしれません。

また、使用するレンズが広角寄りになり、レンズの周辺部分がクロップ(切取り)されてしまうことで、ボケの度合いが弱まってしまいます。大きなボケが欲しい場合はチョットだけ向かない組合せです。

まとめ

Yogiはフルサイズカメラ(α7Ⅱ)とAPS-Cカメラ(α6000)の双方を使っており、写真の目的(使われ方)に応じて上記の4つのパターンを使い分けています。

カメラを長時間持っていなければならないときは、できるだけ軽くなる組合せにしますし、仕事でしっかり撮らなければならないときには重量よりもクオリティで選びます。

ただ、趣味の撮影や旅行等、ある程度クオリティが欲しいけれど全体を軽くしたい時には、フルサイズカメラ+APS-Cレンズ、もしくはAPS-Cカメラ+単焦点フルサイズレンズを使います。

最近発売になったα6400を使っていませんので一概には言えませんが、AFの能力やEVF(ファインダー)の見え方等を比べるとα7ⅡにAPS-Cレンズをつけた方がα6000にフルサイズレンズを付けた時より使い勝手がいいと感じていまます(完全に個人の主観です)。

皆さんも型にはまらず、好きな組合せを見つけてみてはいかがでしょう。

関連記事

参考記事