• HOME
  • 撮影機材
  • 互換バッテリーはSONY純正バッテリーNP-FW50に代われるか?

互換バッテリーはSONY純正バッテリーNP-FW50に代われるか?

SONY NP-FW50 バッテリー

SONY α6000で使われているバッテリーは容量が少ない

先日、バッテリーグリップを入試して、(今更ながらα6000用バッテリーグリップ)これで快適に撮影ができると、撮影時の予備としてα6000用を持出す機会が多くなったのですが、SONYのバッテリーってすぐになくなってしまいます。

SONYのカメラはAPS-C(α5000、α6000シリーズ)もフルサイズ(α7シリーズ)のいづれも『NP-FW50』というバッテリー。

現在α7ⅢシリーズではNP-FZ100という大容量バッテリー使われています。

Canon EOS5D MarkⅢは1日使っていても無くならないときもあるのに、SONYα6000を同レベルで撮影していると、(1時間200枚位かな)半日持ちません。
連写していると2時間持たない。(バッテリーが熱くなってくるとダメみたいですね。)

現在α6000とα7Ⅱについてきた2つを持って撮影に行くのですが、それでも1日持たない。
特に、バッテリーグリップで使っているとなくなりが速い気がします。

趣味で撮影をしているなら、バッテリーが切れて撮影ができなくても『ガッカリ』レベルかもしれませんが、依頼を受けて撮影していると、場合によっては責任問題にもなりかねないので、『NP-FW50』を追加で購入するか、巷で話題の『互換バッテリー』を購入するか検討してみました。

互換バッテリーの特徴

NP-FW50に限りませんが、互換バッテリーって意外と販売されているので、それぞれの解説やレビューを元にまとめてみると、

  • 値段が安い
    とにかくこれに尽きる。
    純正の『NP-FW50』と互換バッテリー2つがほとんど同じ値段。
  • 電圧が変わることがある
  • 純正に比べて持ちが悪い
    電池残量が50%以下になると急速になくなる(?)
    それなら互換バッテリー2つと純正バッテリー1つで同じ効果

等の特徴があります。

結論

結局、安い以外のメリットが見つからない
『バッテリー1本で撮影をするには心配だから、チョット予備が欲しいよね。』という使い方なら特に問題はないと思います。

ただ、精密機器となったデジカメには安全が重要で、使用中電圧が変わったり、不安定な電源供給をされることで、カメラ内部が破損する危険性があることを考えると、(特に仕事で使う時は)互換バッテリーを純正バッテリーと同じ立場で使う事は出来ない。という結論に至りました。

しかしながら、バッテリーのチャージをいつまでもカメラ本体で行っているのも不便なので、NP-FW50を2つとSONY純正バッテリーチャージャーBC-TRWを追加購入する事にしました。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥6,480 (2019/09/20 14:21:07時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー(SONY)
¥4,471 (2019/09/20 14:21:07時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

■参考記事