カメラ任せから“脱却”!目指せマニュアル撮影!

カメラ任せから“脱却”!目指せマニュアル撮影!
ポートレートの撮り方


『カメラに写真を撮らされている。』
『モデルに写真を撮らされている。』

写真を始めてしばらくしてから聞いたこの言葉。
???
写真撮ってるのはカメラマンでしょ?
そう思っていたのだが、実際はそうでもないらしい。
撮らされているってどういうことだろうか?

モデルの方はひとまずおいて、『カメラに撮らされている』という状態を考えてみましょう。
最近はカメラの性能が高くなったため、写真を撮る際、特に何も考えなくてもよくなり、
被写体にカメラを向けてシャッターを押せば、
・フォーカス
・シャッタースピード
・露出
・ISO感度
・ホワイトバランス

といった撮影に必要なカメラ設定をカメラ本体が自動で調整して撮影してくれます

何も設定しなくても写真が撮れればいいじゃないか。
と思うのも当然ですが、日にちや場所、被写体を変えても同じ写真を何度も繰り返し撮れるか?となると難しいのがオート(プログラム)撮影。
どちらかというと打率の低いホームランバッターのように、いい写真を安定して撮ることができないという欠点があります。
時々色合いや明るさが好みに合ってなくて、がっかりという経験していませんか?

つまり、自分で状況に合わせた設定をしないで写真を撮っている事=『カメラに写真を撮らされている。』と言うらしい。

写真を撮り続けていくうちにわかるようになるのですが、安定していい(撮りたい)写真を撮るにはカメラ任せにしていたのではダメなのです
というか、全てオートで撮影しているといい写真の撮れる確率が低い=打率が低い。
iPhoneやコンデジで撮るなら気にしてもしょうがないこれらの設定ですが、一眼レフを使うのなら思ったように使いこなしたいと思うのが本当のフォトグラファー。
というか、『いい写真』を撮りたいからいいカメラを使う。
=自分の好みで撮影したい。
=使うのが一眼レフという事でしょうか。

 

少しづつ自分で調整できることを増やしていこう

いきなり全ての調整を自分でしようと考えると、一気に写真を撮ることが億劫になりますので、少しづつ調整できることを増やしていきましょう。

まず、自分の試したい設定をコントロールして、残りはカメラに任せる。
そうすれば、気を使う箇所は1箇所ですので、それほど難しくはありません。
例えばプログラムモードからシャッター速度優先・絞り優先モードに変えてみる。
それだけで撮影の自由度が一気にアップします。

次に別の設定をコントロールして、少しづつコントロールできる数を増やしていきます。
・シャッタースピード
・露出
・ISO感度
・ホワイトバランス

の設定を自分自身でコントロールできるようになった時、それがマニュアル撮影を習得した時であり、自分の写真は自分が撮っている=カメラに撮らされていない時なのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotographer_Alphaをフォローしよう!

■こちらの記事も合わせて読みたい