カメラのファインダーは右目、左目?

a0002_009244_s
ポートレートの撮り方

 デジタル一眼レフで撮影をする際、ファインダーを使い、片目で撮影するカメラマンが多いと思いますが、AFを使っているにも関わらず、ピントが甘いと感じる時期があり、使っているカメラの問題なのか、レンズなのか、手ブレなのかと色々試行錯誤をしました。

微妙なピントの調整が甘くなるのは、被写体ブレ(ピントが合った後、被写体が動いてしまうブレ)の可能性もあります。
ただ、ピントがしっかり合っているか確認が甘いのでは、ジャスピンにはなりませんので、ピントはしっかり確認できるようにしておかなければなりません。

そこで使う目を変えて試してみました。
一眼レフを使い始めた頃は、ごく自然に(周りのカメラマンと同じように)右目を使っていたのですが、自分の効目は左目。
左目を使うようになってから、ピントの山がつかみ易くなりました。
やはり、カメラも自分の状態に応じて設定や撮り方を工夫してみると、いい写真が撮れるようになりますね。
ピントが甘いと感じたら効目を試してみてください。

DSC00328また、視力が弱い場合、ファインダーが鮮明に見えるように調整できる『視度調整つまみ』で視力調整が可能です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotographer_Alphaをフォローしよう!

■こちらの記事も合わせて読みたい